会社設立するための流れを知る

科会社設立の流れを知ることは、書類作成にも役立っていくので、是非とも、事前に熟知しておきたいものです。
会社を興したいと思ったからと言って、漠然といきなり会社を設立していけるわけではありません。入念な準備と計画性が必要になります。

 

1

 

1、会社定礎の作成・認証

 

会社定礎の作成・認証をまず行なっていきます。この定礎というのは、会社の詳細についてまとめていく書類にもなるので、丁寧にそして慎重に作成していく必要があります。これをいい加減に作成してしまうことは、計画性のない会社を設立することを意味し、運営をしていく際に大きなデメリットを生んでしまう可能性があります。
またいい加減に作成することができない項目なども多数あるため、しっかりとした会社提訴を作成していくことをおすすめします。

 

認証は書類を作成してから、各都道府県の認証役場に持っていきます。
※株式会社の場合のみ、認証が必要になります。

 

2、資本金の払い込み

 

資本金を口座に払い込みます。
この際証明書を作成することを忘れないようにしてください。払い込み証明書は会社設立の必要書類の1つです。

 

3、登記をしていきます

 

以上の段階を踏まえて、登記をしていくことになります。登記は多くの書類を集めていく必要がある場合も多いので、何を用意すべきであるのかは明確にしておくことをおすすめします。

 

会社によって必要になる書類というのは変わってくる場合もあります。会社の提訴を作成する際に、会社のタイプなども明確にしておけば、必要書類を集める際の手間を省くことができる場合もあります。

サラリーマンがうらやましくなってしまうことも

会社を設立し、社長になることができると、非常に自由に仕事をすることができます。
しかし自由というのは、反面自分の責任は全て自分で何とかしなければいけないことにもなります。

 

最もわかりやすいのが、「稼げなければ生活できない」ということです。
サラリーマンでも同じであるとは言えますが、サラリーマンの場合、どのような仕事をしていても一定の「給料」をもらうことはできます。
サラリーマンとして仕事をしていく中で、手を抜くべきところと、本気になるところを上手く見極める能力も必要になりますが、そのようなことをしていても、給料をもらうことはできると言えます。(当然大変なことではありますが…)

 

しかし社長になった場合、常に全力でなければ、収入を得ることはできないと考えておく必要があるでしょう。また全力で頑張っていても、常に収入がある保証はなかなか得られないことのほうが多いです。このような点ではサラリーマンよりも、会社設立時の社長のほうが大変であると言えるでしょう。

 

社長になることで自由に仕事ができると有頂天になっている人が、自由の裏返しである責任に押しつぶされてしまうことは、決して珍しくありません。
サラリーマンのほうが良かったな…と感じた時から、本当の戦いの始まりであると言えるでしょう。

 

そこであきらめてしまう場合、厳しい言い方になってしまいますが、社長になる資格は、なかったということになります。
壁にぶつかった時、苦しい時、どれだけ努力する、工夫することができるかが「社長」としての能力に関わってくると言えるでしょう。

 

1